8月22日放送セブンルールランジェリーデザイナーの栗原菜緒さんが登場します。華やかな経歴をもっている栗原菜緒さんが波乱万丈の人生!?外務省からランジェリーデザイナーに転身した栗原菜緒さんの経歴と波乱万丈の人生について調べてみました!

 

私から見たら才色兼備!の栗原菜緒さんについて早速見ていきましょう~♪

 

 

ランジェリーデザイナー栗原菜緒さんの華やかな経歴に隠された波乱万丈人生とは?

 

ランジェリーデザイナー栗原なおさんのプロフィール

(参照元:https://www.hankyu-dept.co.jp/lsnews/01/a01/00212396/?catCode=601001&subCode=602001)

 

生年月日   :1984年2月11日
年齢     :33歳
血液型    :B型
出身地    :東京都
最終学歴   :学習院大学卒
兄弟     :兄(経営者)

 

ランジェリーデザイナー栗原菜緒さんのブランドは?

 

大手百貨店から出店依頼が絶えない注目のブランド

 

NAOLINGERIE(ナオランジェリー)

 

店舗は持たず完全予約制のプライベートサロン

 

新規参入が難しいといわれている下着業界で着実にポジションを築きつつあり、はたから見たらデザイナー兼経営者でやり手なのでは?と思ってしまいます。

 

ランジェリーデザイナー栗原菜緒さんの華やかな経歴とは?

 

プロフィールにもあるように、学習院大学を卒業されています。
在学中アメリカのオレゴン大学に留学。ここでの生活が[日本の地位をもっと上げなくてはいけない]と痛感し外交官の道を目指す。

 

外交官試験のため大学卒業後は勉強+外務省でアルバイト

 

友達からの一言「好きなことをやればいい」で色々悩んだ結果・・・
中学生からランジェリーに興味があったので頭に浮かんだのだそう

 

ブランド立ち上げのために仕事をしながらマーケティングなど学ぶ。(このころバイトを転々としていて菜緒さん、大学の友達は大手企業で仕事をしていたり試行錯誤の日々)

イタリア(ミラノ)へランジェリーのデザインを勉強してに行く

 

29歳の時にデザイナー兼経営者として自身のランジェリーブランドを立ち上げた。

 

ランジェリーデザイナー栗原菜緒さんの波乱万丈人生とは?

 

お仕事

注目を集める前は、お財布に数十円しかないときもあったほど、苦労時期も。

日本の地位を上げたい!の想いから素材やコンセプトを工場に直談判するも相手にされない時期も経験。

家族

栗原なおさんにはお兄さんがいるのですが、父方の家族の考え方が跡継ぎ(男)がいればそれでいい。という考えから、なおさんは母方のほうに預けられていたこもあったそうです。
愛を渇望する子供時代。自分の居場所を必死で探す日々に時には死を考えたこともあったとか。

 

 

 

=まとめ=

学生時代は自分がやりたいことは外交官を通してできると思って目指していたが、外務省のバイト中に自分がやりたいことは出来ないと分かってから試行錯誤する毎日。

学習院大学をでて外交官・・・と聞けば、エリート街道のイメージ。そこをやめて自分の好きだった下着を通して夢を叶えようとする姿は、子育てで仕事を辞めざるおえなかったママさんや仕事のキャリアで悩んでいるママさんにも役立つヒントがつまっているかもしれませんね^^